所蔵資料
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

教員の方へ


施設・設備については利用案内をご覧ください。
新型コロナウイルス感染症対策のため、サービスを変更する場合があります。最新情報やオンラインで利用できるサービス(学生・教職員共通)こちらをご覧ください。

授業支援・学生支援


メディアセンターでは、授業内容に応じた資料やデータベース利用の支援を行っています。

レポート・論文作成支援「レポート・卒論」

本サイトに「レポート・卒論」ページや文献・情報収集に役立つリンク集「学修に役立つリンク」を公開しています。


  • オンライン授業での利用のためにメディアセンター資料を必要としていてお困りの場合は、こちらのフォームよりご相談ください。
  • 授業における著作物の利用について判断に迷う場合は、以下をご参照ください。ご不明な点などありましたら、相談フォームよりお問い合わせください。
【授業における著作物の利用】

授業において「教育を担任する者」や「授業を受ける者」は、著作権者の利益を不当に害さない範囲で、著作物の複製や公衆送信(※)が認められています(著作権法第35条
 ※公衆送信については、各教育機関が補償金を支払うこと(授業目的公衆送信補償金制度への参加)が必要であり、本学は同制度に参加しています。

《無許諾では利用できない一例》

  • 授業で使用するために、著作物の多くの部分を学生ポータルに掲載または学生へメール送信(以下、掲載・送信)する。
  • 授業の都度、著作物の一部分を掲載・送信し、その結果、著作物の多くの部分を掲載・送信する。
  • 誰でも見ることが可能なウェブサイト等に掲載する。


《参考サイト》


メディアセンターツアー

  • 学生個人がスマートフォンでQRコードを読み取り、画面の指示に従ってメディアセンターを巡りながら資料の配置や探し方を理解するセルフツアー「メディアセンターツアー」を提供しています。
  • 学科・授業・ゼミ単位でのお申込みが可能です。人数が多い場合は、少人数のグループに分けて参加していただきます。
  • 希望される方は、2週間前までにご相談ください。

*(コロナ以前)図書館ツアー
 学科・授業・ゼミ単位で、職員がメディアセンター(図書館)内を案内し、基本的な利用方法を説明します。ご希望に応じて、蔵書検索の演習等も実施します。


アカデミック・スキル

本サイトに、アカデミック・スキルの修得に役立つ動画やリンク集を公開しています。

  • アカデミック・スキル
    メディアセンターの利用方法、レポート作成のための資料の探し方、データベースや電子ブックの利用方法等を説明した動画を視聴できます。
  • メディアセンタークイズ
    学生がアカデミック・スキルの動画を視聴してクイズに解答しながら利用方法等を学べる「メディアセンタークイズ」を用意しています。Googleフォームを利用したもので、先生方は採点結果を確認できます。学科や授業等でご利用になりたい方は、カウンターまたは相談フォームへお問い合わせください。
  • 学修に役立つリンク
    文献・情報収集に役立つデータベースやサイトの種類別・テーマ別のリンク集、英語多読日本語多読の案内ページ等を公開しています。


文献検索ガイダンス

  • 授業・ゼミ単位で、職員がデータベースやサイト等を利用した資料・文献の収集方法の説明や実習を行います(現在は、人数等の制限がありますので、カウンターまたは相談フォームへお問い合わせください)
  • 内容はご要望に合わせて設定します
    (論文検索(Google Scholar、CiNii、J-STAGE)、図書検索(Webcat Plus、CiNii Books、カーリル)、新聞記事検索(日経、朝日、読売)、事典・辞書(ジャパンナレッジ Lib)、法令・判例検索(TKC ローライブラリー、主要法律雑誌全文データベース)、統計・白書(政府統計の総合窓口 e-Stat)、国立国会図書館「リサーチナビ」「歴史的音源」、その他)



アクティブ・ラーニング

グループ学習室にはアクティブ・ラーニングに必要な機器・設備を整えています。
また、メディアセンター資料やデータベースを利用した資料検索などをサポートいたします。


郵送貸出

大学への入構が制限されている期間において、貸出を希望する資料をご自宅へお届けします。こちらをご覧ください。


研究支援

研究紀要 投稿予定の方へ

各学部の研究紀要に投稿を希望される方は、こちらをご覧ください。


粗悪学術誌にご注意ください

オープンアクセスジャーナルへ論文を投稿する前には、こちらをご確認ください。


他の図書館資料の利用(文献の取り寄せ申請等)

必要としている文献や資料がメディアセンターにない場合、他の図書館からの取り寄せや訪問利用のための紹介状作成をいたします。申請フォームにてご相談・お申込みください。
詳しくはこちら(学生・教職員共通)


その他

選書(購入希望)

シラバスに記載された、授業で毎回使用するテキストおよび主要参考図書は、原則としてメディアセンターに備えます。
選書申請方法(購入希望)については教員ハンドブックをご覧ください。申請ファイル[Excel]はこちら


寄贈

新たに著作物を出版されましたら、ぜひご寄贈くださいますようお願いいたします。ご寄贈の際は著作物をカウンターまでお持ちください。


利用者登録

  • 専任教員の方には、メディアセンターより利用者IDを発行します。
    利用者IDを発行されていない教職員の方で、メディアセンターの資料やマイライブラリ等の利用をご希望の場合は、カウンターまたは相談フォームにてお知らせください。
  • ID発行後、ご来館された際に利用者バーコードを教職員証または名札に貼付しますので、資料の貸出時などにはご提示願います。


研究図書(専任教員のみ)

本学の規定上、個人研究費で購入した図書は、メディアセンターにて登録することになっています。

  • 購入後、30日以内を目途に、図書現物、図書の表紙(書名と定価が分かる部分)のコピー、及び領収書をメディアセンターへ持参してください。
  • 研究図書として登録した図書は、本学を退職の際にメディアセンターへ返却することになります。なお、返却は研究終了の時点(退職前)でも差し支えありません。
  • 返却後はメディアセンター資料として利用するため、図書への書き込みはご遠慮ください。書き込みが多く、資料として利用できない場合は、買い取りや現物弁償をお願いする場合があります。


レファレンスサービス(調査・相談)

調査等のご依頼やお困りの際は、カウンターまたは相談フォームへお問合せください。
レファレンスサービスについてはこちら(学生・教職員共通)


その他の支援
  • メディアセンターの資料、データベース、貸出状況に関連する情報等(年間貸出ランキング・所蔵資料情報など)はできる限り提供します。
  • 撮影場所として利用可。利用者の妨げにならないことが条件です。撮影用資料の提供可。
  • メディアセンター入口電子掲示板で大学や授業に関する情報を掲示できます。
  • メディアセンターに関連する情報であれば Twitter 発信できます。



【問い合わせ先】尚美学園大学メディアセンター
相談フォームまたはメールにてお問い合わせください。
※フォームは、尚美のGoogleアカウントにログインしていないと入力できません。
Mail: kg-libs.shobi-u.ac.jp

開館カレンダー